海外ニュース

第三期学校(Tertiary Schools)のための伝道報告

 「ところが、ある人たちは心をかたくなにして、信じようとせず、会衆の前でこの道をあしざまに言ったので、彼は弟子たちを引き連れて、その人たちから離れ、ツラノの講堂で毎日論じた」(使徒行伝19 :9)

 第三期学校とは何でしょうか?エレメンタリースクール(elementary schools)はプライマリースクール(primary schools)です。ミドルとハイスクールを含むアッパーグレードスクール(upper-grade schools)は第二期学校です。工業学校、専門学校、短期大学と綜合大学を含んで、第二期学校以後の修了証や学位程度の資格を提供しているすべての学校は、第三期学校です。
 2002年に、世界総会代表者会議において、このような学校を設立することを決議しました。世界総会はインターネットカレッジまたは大学を発展させ、インターネット上にコースを提供します。メールブック、テープ(あるいはCDやDVD)を学生たちが登録できます。そして特に自然療法と神学における様々な学位を提供します。聖書はパウロがエペソの第三学校で教えたことに言及しています。聖書はツラノという名の男性が学校を所有していたと述べます。そして、パウロは二年の間そこで毎日教えました。この学校の彼の教育を通して、何千ものギリシヤ人とユダヤ人は、福音のメッセージを直接または間接的に聞きました。「それが二年間も続いたので、アジアに住んでいる者は、ユダヤ人もギリシヤ人も皆、主の言を聞いた」(使徒行伝19:10)。ホワイト姉妹は、このことについて追加的詳細をわたしたちに与えてくれました。「パウロは彼らを離れ、弟子たちを別個の群れとして集め、かなり著名な教師、ツラノの講堂で公開の説教を続けた。」–The Acts of the Apostles, p. 285.ツラノはその時代有名な教授でした。彼の学校は、小アジアでかなり尊重されていました。しかし、最も興味深いことは、パウロが彼の教育を信者だけに制限しなかったということです。彼は、「公開の説教」をしました。 
 アダム・クラーク博士はアドベンチスト・パイオニアの解説者でしたが、彼はツラノはクリスチャンを支持したユダヤ人であり、毎日開催されたアカデミーを所有していたと信じていました。パウロは、キリスト教徒と非キリスト教徒に彼の毎日の公開説教のためにアカデミーで教室を借りていたのかもしれません。
 終わりが近づくに従い、信徒、信徒の子供たちと大方の市民が、知識の異なる分野〔常に聖書の範囲において〕の指導を受け入れることができる施設を設立する必要があります。わたしたちがなぜ青年たちを失うのかの二つの大きな理由のうちの一つは、彼らが世の機関に出席するからであると私は述べました。そして、わたしたちには神を敬う第三期学校―職業訓練学校、工業短大、インターネット大学が不足しています。
 しかし、そのような学校を設立するには、資金、資格のある霊的指導者、承認されたカリキュラム、アカデミックなセンターと学生を必要とします。現在のインターネットの世界を考えてみる時、改革運動が資金と働き人の力を合わせて、認可された第三期学校によって、オンライン講座と学位を提供できるインターネット教育の機会を与えることができます。あなたは、あなたの子供たち、若者と一般市民のためにこれを援助してくださるでしょうか?
 インターネットで構成された英語の指導で、国際第三期学校に参加する機会を与えるために、世界総会は第三期学校基金を準備しました。…わたしたちはこの努力を開始するために、あなたの精神的な援助、祈りと財政的な貢献を必要とします。あなたはこの第三期学校のプロジェクトに意義ある貢献をしてくださるでしょうか?…
 特別安息日学校献金で、研究、給料、基本施設とソフトウェア開発の費用を賄います。…教育、栄養、医療伝道、公衆衛生、看護、自然医学と聖書の学科の修了証書と学位を与えるようになります。このプロジェクトのために犠牲的なささげものをする意義をもってください。この計画をあなたの祈りのリストに加えてください。使者パウロのように、現代の真理に接触するために第三期学校を設立しましょう。神はこれを与えて、貢献者たちに豊かな恵みを与えてくださることでしょう。
 Idel Suarez, Jr.
 General Conference President
 

 ※第3期の教育(Tertiary education、third stage、third level、post-secondary education)は、国際標準教育分類(ISCED)レベル5-6に分類され、高等学校、中等学校、ギムナジウムのように中等教育を終えた人を対象にした教育段階である。第3期教育は一般に修了証、ディプロマ、学位を授与される機関である。

© 2019 International Missionary Society Seventh-Day Adventist Church Japan - All rights reserved.

905-0425, 188-1 Yasudahara Yonamine Nakijin-son Kunigami-gun Okinawa / 080-3906-2369 / sda1888@live.jp

  • facebook-square
  • Twitter Square
  • YouTube Square
  • Google Square